大学入れば、社会人になれば、童貞を卒業できると思っていました。
それは自然の流れだと思っていたのです。
でも、私の場合は違ったようでした。
やはり努力しなければ何も得ることはできないのです。

 

自然と手に入れられるものなんてないんだと私は今、痛感しています。
大学の時もそれなりに、コンパしたり紹介してもらったりと積極的に出会いを求めてきました。

 

しかし、上手くいかず大学は卒業しましたが童貞は卒業できませんでした。
社会人になると大人の女性との出会いがあるかと思っていたのですが、会社に女性はほとんどおらずいたとしても接する機会もなく、仕事の忙しさで出会いを探す暇なんてますますなくなっていきました。

 

気がつけば童貞だということも忘れそうになるくらいに仕事ばかりしていたのです。
そんなある日、上司に誘われ飲みに行くことにしました。
そこで酔っ払ってしまい仕事の辛さなどをぶちまけているうちに、童貞であることも話してしまいました。

 

上司は驚いていましたが、良い方法があるとハッピーメールという出会い系アプリを教えてくれました。

 

そのアプリなら本人確認しないと登録できないから安心して使えると話してくれました。
酔っ払っていたのですがこのアプリならなんとかなるかもしれないと思い、忘れないうちにすぐに登録しました。

 

上司はこのアプリでセフレを探していて今も数人のセフレがいるそうなのです。
正直モテるタイプの上司ではなかったので、失礼ですが上司にセフレができるなら自分にだってできるかもしれないとかなり、やる気になっていました。

 

翌日、二日酔いでほとんどのことは憶えてなかったのですが、このアプリのことだけは憶えていてすぐに女性を探してみることにしました。
探しはじめて2日目で候補は絞りきれないほどに。

 

結局は経験豊富なお姉さんに任せることにしたのですが、本当に最高の思い出となりました。
こんな快感を今まで知らずに生きてきたなんて本当にもったいないことをしてきたと心底思いました。

 

定番アプリ登録無料
人気アプリBEST5
アプリでセフレを量産したいなら迷わずコレ!