お金をくれる人

お金くれる人
 まさかって感じなんですけどね。
実は、お金をくれる人を探したらどうだ?と言い出したのは夫の方なんですよ。
もう、ビックリしてしまいました。
収入になるなら、その関係は問題ないって言うんです。
ただデートという名目の食事時間を共有するだけ。
それなら、なんの問題も夫が感じないと断言します。
お金をくれる人と出会えたら、2人の生活もゆとりが出てきます。
2人の楽しい時間も、もっと濃密になります。
だから、ネットで探してみようという話になったのでした。

 夫からの提案で、お金をくれる人と出会うため、人気出会い系アプリに登録しました。
これは夫が調べていたことです。
食事パパとの出会い方、人気出会い系が一番良いようです。
男女共に、安心して利用出来ると書かれていたのだそうです。
冷やかしとかもなく、個人情報も守られ、利用者が多いことから、食事パパを探せる場所だったようです。
「頑張れよ!絶対相手と出会えよ!」とエールを送られ、募集投稿していくことになりました。

 正直言えば、私もかなり期待していたんです。
肉体関係を作らないこと。
恋愛感情を持つこともないこと。
美味しい料理を食べさせて貰えるのです。
夫の給料では連れて行ってもらえないようなお店での食事があるのです。
そのことが大きな収入になってしまいます。
何としてでも、出会いに繋げたいなって本気になってしまっていました。

 かなり時間が経過しても諦める気持ちがなく、必死に募集をつづけました。
すると、総合病院で働くドクターからの連絡がやってきたのでした。

 50代のドクターの関心があったのは食事デートだったのです。
面接をしてもらったのですが、その場で言われた金額が5万円でした。
四の五の言うこともなく条件を飲み、食事デートに出かけていきました。

 お金をくれる人との時間は、テンションも上がります。
高級料理を食べ、ちょっとお喋りしただけです。
そして、お手当の5万円が私のものになりました。
「月に何度か、待ち合わせして欲しい」
この魅力的な言葉を胸に帰宅、夫にお金を見せると夫も満面の笑みでした。
オナ電掲示板
電話エッチ掲示板
エロチャット掲示板

テキストのコピーはできません。